FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガティブな人に見て欲しい

僕はコミュ障気味だが接客のアルバイトをしている
ぶっちゃけ自分は世界中の誰よりも接客業に向いてない人間だと思っている
接客業をすればコミュ障は治ると思われがちだが少なくとも自分の場合は違う
むしろ人間不信になった


レジでの接客なんて9割はマニュアル通りに喋るだけだ。つまりほぼ作業でコミュ障が治る要素がない
お客様は神様とかいうふざけた言葉がある
あの言葉は演歌歌手の三波春夫の言葉がクレーマーに都合よく解釈されて今に至る

お客様は神様なんて言葉がなければ今の日本社会はもう少し生きやすくなっていたと個人的には思う
理不尽なクレーマーが来るたびに僕の人間不信は加速していく

今日もクソったれな客が来た
その客は大量に商品を買った挙げ句、袋を別々に入れてくれと言う
ここまではまあいい

だがやはり商品が多いとレジの時間もかかる。それは当たり前の事だ。小学生でもわかる。
だがその客は「後ろ(客が)詰まってるからはやくしろ」
ん????お前が大量に買ったからだろ????

一瞬キレかけたが平常心を保ちハイスイヤセーンと黙々と作業を続ける
その後、難なく客は帰ったが自分のイライラは帰ってくれなかった

自分「なんだあのおっさんふざけんじゃねえぞ」
明日香「今のおっさん本当にありえないよね」
自分「明日香が俺以外に悪口言ったの初めて聞いたぞ」
明日香「うん、今のは流石に許せない。リヒトは1ミリも悪くないから気にしちゃダメだよ」
自分「お、おう」

自分は嫌なことがあるとずっと頭の中でその嫌な事がループされる
気にするなと言われても無理だ。その後も思い出して一人でイライラしていた。

明日香「もう、気にしちゃダメって言ったじゃん」
自分「でもなあ」
明日香「リヒトは悪くない!次あのおっさんの事考えたら邪魔するからね!」

その後、あのおっさんのことを思い出そうとすると
「ストッープ!」だの「考えちゃダメだって!」とか言いながら明日香が思考に割り込んでくる
おかげで嫌な事を深く考えずに済む

つまり、嫌なことを考える事がタルパを思い出すトリガーになっているのだ
ネガティブを逆手に取ったタルパを意識する方法だ
偉そうに言ってるけどこれタルパー界の常識かもしれない。だったらごめんなさい






バイト帰りの明日香との会話備忘録
少し恥ずかしいセリフがあるので見るだけで顔から火が出るかもしれない苦手な方はブラウザバック推奨
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






自分「お、見てよ明日香。月がキレイだ」
明日香「それって告白?」
※夏目漱石が「I love you」を和訳すると日本人的には「あなたを愛している」ではなく、「月が綺麗ですね」と訳したという逸話がある
自分「いや違うけど」
明日香「リヒトに告白されたー!」
自分「だから違うって!別にそんな遠回しな告白しなくても俺は明日香の事好きだよ」
明日香「わー!リヒトにガチ告白されたー!」
自分「…そんなにはしゃぐ?」
明日香「うん。だって嬉しいもん。普段そういう事言わないし」
自分「そうかな?まあいいや、今日は酷い一日だったけど一日の終わりに明日香とこんなキレイな月が見れてよかったな」
明日香「うわー何今のセリフ。くっさ!かっこつけすぎでしょ」
自分「うるせえ!」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。